• 自分でできるコウモリ撃退法

    コウモリが、家のシャッターに住みついてしまったり、糞に悩まされているという人も意外と多いのではないでしょうか。


    コウモリの糞というのは、米粒2つ分程度の大きさで、シャッターの収納ボックス内に住みついているような場合には、窓のサッシに、びっしりと糞がたまっているということもあります。コウモリの糞には、さまざまな菌が含まれていて、乾燥すると風に飛ばされて、誤って口に入ってしまうというケースも考えられます。
    さらに、コウモリ自体にもダニやノミなどが寄生していますから、早めに撃退する必要があります。



    コウモリ撃退法としては、コウモリが嫌がるスプレーを吹きかけたり、コウモリ撃退の超音波を発する機械を使って追い出すことができます。

    独自のシステムで日本経済新聞の情報を掲載しています。

    こういったコウモリ撃退法によって、コウモリを追い出した後には、定期的に超音波やスプレーを使用して、コウモリを遠ざけることが大切です。



    また、コウモリというのはわずかな隙間からでも侵入することができるため、シャッターボックスの隙間を埋めて、侵入ができないようにしたり、頻繁にシャッター網戸を開閉するなどして、コウモリが住みつかないようにすることが大切です。


    コウモリ撃退法で使用するスプレーや超音波というのは、ホームセンターなどでも手軽に購入することができます。
    近くのホームセンターで購入することができない場合には、通販でも購入することができますから、今すぐに撃退したい場合には、試してみるとよいでしょう。