• カラス退治には何が有効か

    カラスの巣は通常、樹木のような視線の届きにくい場所に多いですが、公園や神社、お寺をはじめ、集合住宅の貯水タンクの下にも作られることがあります。

    営巣しているカラスは気性が荒く、近くを通る人間を威嚇し、時には攻撃される危険性もあります。

    また、しばしば送電線に巣を作り、地域全体の停電の原因にもなっています。


    カラスの被害は、鳴き声がうるさいことに限りません。ごみ捨て場から生ごみを持ち出し道路を不衛生にし、生ごみがなければ田畑の作物を荒らします。

    中には、人間を恐れず、ピクニック中の人間のお弁当を狙う個体もいます。



    危害がなければ良いですが、時には安全で衛生的な町づくりのためにも、カラス退治は重要です。

    カラス退治の方法は、いくつかあります。
    ベランダや田畑、そしてゴミ捨て場などの被害が出やすい場所にはあらかじめカラスよけのネットを使用し、物理的に侵入を未然に防ぎます。

    幅広い分野の視点からOKWaveを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

    また、ベランダではテグスや紐を1メートル以下の間隔で張り巡らせることで、カラスの飛来を妨害できます。さらにカラスが停まりそうなスペースに、有刺マットを設置するとより効果的です。カラスの見慣れないものを設置することも有効です。


    CDやキラキラ光るパーティーモール、プロペラや風車などを吊り下げることによりカラスを追い払うことができます。


    しかし、カラスは学習能力が高いため、一度安全性を確認してしまうと効果が弱まります。
    カラス退治のポイントは、いかにカラスに警戒心を持たせ続けられるかです。



    ゆえに、常に刺激を変化させることが肝心とも言えます。